村上春樹

ひとりごと
この記事は約1分で読めます。

ボディ系セラピストになりたい人を応援します

ボディ系セラピストになりたい人のための情報を発信しています

10代の終わりから20代の頃、村上春樹の著作をよく読んでいた

本を読むのが好きか?といわれるとそうでもなく

たまたまその時流行っていたのが「ダンス・ダンス・ダンス」で

そこから手当たり次第に村上春樹の作品を読んだという感じだ

「風の歌を聴け」から「ダンス・ダンス・ダンス」の一連の作品も好きだが

個人的にはエッセイが好きだ

「村上朝日堂」のシリーズのタイトルで出ているが

笑える話あり、トホホな話あり、なるほどと思える話ありで飽きない

切符をよく失くしてしまう話があり、切符を耳の穴に丸めて入れるというのがあったが

想像すると笑えてしまう

文庫本のエッセイはちょっとした時間にも読めるのでおすすめです

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました